30 April 2010
ボーダー花壇完成

中野のお庭です。2月初旬から何回か通い、ようやく完成です。
花苗がなかなか揃わず、時間がかかり、お待たせしました。
冬から春へ季節の変わり目は、天気は不安定なものですが、
今年は、春と真冬を行ったり来たり、初夏のような日があったり、
時に嵐のような日もあったり・・・桜を最も長く楽しめた異常気象の早春でした。
東京のボーダー花壇は、5月初旬から6月上旬梅雨前までが見頃、
この花はこれから咲いて、これが終わるとあちらが咲き始めと、
花壇の表情は、日々変わります。


25 April 2010
クレマチス・モンタナ

友人宅の裏庭でそっと咲いてた、彼女ご自慢のクレマチスです。
プリムローズスターという名前の、珍しいマーガレット咲き(八重)のモンタナです。
モンタナはラテン語で山地のという意味で、ジメジメジトジトは嫌いです。
英国では、大木になって咲いているのをよく見ましたが、
東京の夏は苦手で、調子いいなあと思うと、ある日パタっと枯れたりして、
あまり使わなくなりました。 一重の種類より、丈夫のようです。
程よく柔らかい日射しが当たり、可憐な草花たちに囲まれたこの場所が、
大変気に入っているようで、爽やかに咲いていました。


23 April 2010
駐車場に花壇を!続報

雨の中、最後の仕上げをしました。
殺風景な空間に、自然の風景を取り入れたいとのご希望でした。
建替え前からある想い出のモミジと、その下に埋まる愛犬の遺骨はそのままで、
四季を彩る宿根草たちを植え込んで、スモールガーデンが完成です。
家の壁や万年塀をバラが覆う日を夢見て、バラやクレマチスを植えました。
ガーデニングは、出来上がりが、始まりです。



20 April 2010
病院のお庭

青梅の老人病院のお庭です。
今日はガーデナー仲間ウダちゃんのお手伝い現場でした。
庭は、高原の林をお散歩するように、デザインされています。
ナチュラルな植栽の中に、季節の草花を植えた花壇が配置されています。
500球植えられた赤いチューリップが、ちょど見頃でした。
写真はメドーガーデン(草原風のお庭)、ワイルドフラワーの種がまかれています。
5月はきっとキレイでしょうね。

     
17 April 2010
桃と菜の花

勝沼へプチ旅行しました。
麓の桃の花は、先週末が見頃だったようです。
山の中腹の桃色を目指し、車を走らせます。
お庭や寄せ植えなど限られた空間で、
ピンクとキイロの花合わせを私はしませんが、
里山の春の色合わせは、お見事!というより言葉が見つかりません。
自然が創り出す風景は、広くそして奥深い。

     
14 April 2010
春の小球根

多摩センター駅前花壇で咲いていた可愛い小球根たち
ミニチューリップのクルシアナ・シンシアと、
ムスカリのバレリーフィネスです。
今年度は、恵泉女学園大学のイギリスの庭園文化、西村先生のゼミの学生たちと、
この花壇を管理します。どうぞ、よろしくお願いします。

     
     
11 April 2010
マンションの花壇改造計画

マンションのエントランスの花壇を、何とかしよう!と住民が立ち上がりました。
大人も子供も大集合、20人以上集まったでしょうか、みんなで一緒に作業をしました。
まずは土作り、アイビーも育たないがちこちの花壇を、えっさほいさ、
あっと言う間に居心地の良い、ふかふかなベッドに様変わり。
日射しや乾燥に強く、放任でも育つ丈夫なハーブたち、
オリーブ、ローズマリーやラベンダーを植えました。
皆さま、お疲れさまでした!

     
     
10 April 2010
チューリップの花が咲いた!

先日の春の嵐でミモザの大木が倒れ、伐採に行きました。
お庭ではチューリップが満開でした。
チューリップは、赤が可愛い!と、単純に素直に思います。
他の草花との組み合わせが難しいため、お庭にはあまり植えませんが。
小さい頃、アンデルセンのおやゆび姫の話しが好きでした。
チューリップの船で川下りをしたり、ヒキガエルやコガネムシに誘拐されて、
でもメダカやツバメに助けてもらったり、通りすがりの野ネズミのおばあさまと
一緒に暮らしたり・・・アドベンチャーなのりが好きだったな。

     
2 April 2010
駐車場に花壇を!

日当たりが良く、風通しも良く、植物たちに居心地のいい
とっておきの場所が、駐車場という家は少なくありません。
コンクリートをはがして、塀沿いに細長い花壇を作りました.
どんな植物を植えましょうか?植栽したら、続報でお知らせします。


1 April 2010
春ららら!

4月です。
桜が咲く頃は、バラの薬剤散布をしながら、春のお庭を廻ります。
どのお庭も花盛り、春はいいですね〜。
今日の1枚は、駐車場の脇の花壇です。
住人は、スポーツマンの父息子、色男?2人組です。
こんな小さなスペースからでも、確実に季節の移り変わりが伝わってくる!
とのコメントを、お父さまから頂きました。