7 May 2018
満開御礼

都内の某大学のキャンパス内にある花壇。
都心にあるので、多摩キャンパスよりひと足早く
満開になりました。やったね!
2枚目の写真アップはアグロステンマ。
こちらもタネから育てやすくお勧め。



4 May 2018
どんどんわくわく

ボーダーの草花たちの、今の様子はこんな感じです。
草花がどんどん育って、
わくわく感もどんと大きくなってきました。
オープンガーデンまで後1週間とちょっとです。



27 April 2018
バラが咲いた咲いた!

近所のバラ屋敷です。
住人のご夫婦は、自宅の駐車場で、たくさんのバラを
コンテナで育てています。
通りに面していますので、毎冬ひと鉢ずつ植替えて、
剪定をしている様子が見れます。
今年もいろんな種類のオーナーの愛情たっぷりのバラが
咲き、通りを歩く人の目と鼻を楽しませてくれています。



26 April 2018
スパニッシュブルーベル

桜が例年より1週間ほど早い開花となり、
春の草花やバラは、さらに倍速2週間ほど早く
咲いちゃっています。そんなに早く咲かないで!
心地よい春をまだまだ楽しみたい!
写真はロックガーデン、いつもならGW明けに
咲き始めるスパニッシュブルーベル。
ヒメウツギやツルニチソウも花も咲き、
爽やかな色合いのガーデンになりました。



24 April 2018
ここでもすくすくわくわく

ここは、都内の某大学のキャンパス内にある花壇。
多摩キャンパスに習って、タネまきガーデニングに
挑戦してみました。屋外での育苗だったため、苗の成長が
ゆっくりで、かなり小さい苗を暮れに植え込みました。
冬の寒さの中頼りげな株で、心配していましたが、
春の訪れと共に、すくすく育ち、綺麗な花壇になりました。
タネ力にばんざい!
2枚目の写真アップはキンセンカ。
タネから育てやすくてお勧めです。



19 April 2018
ノイバラが咲いた!

南野キャンパスのワイルドローズガーデンにて。



19 April 2018
すくすくわくわく

ボーダーの草花たちの、今の様子です。
草花がすくすく育ち、
わくわく感も少しずつ大きくなっていきます。



16 April 2018
春らんらん

あちらこちらで、春ショット満載です。
仕事の移動中ではありますが、
車から降りて、パチリ!そしてパチリ!
通りすがりのどなたかのお宅で咲く、
白いモッコウバラと白いフジ。



12 April 2018
春のリース

写真は、和子さん作の春リースと、
おまけは、やや遅咲きの白いゆり咲きチューリップ。



5 April 2018
ストック

今年は何だか調子のいいストック。
あまり好みの花材ではなかったけど、
というか、冬の間の色づけに入れる程度で、
寒い時は植えたまま固まっているようで、
暖かくなったら他が盛り上がって来たら
早々に抜かれる、そんな立ち位置でしたので、
ちょっとというか、かなり見直しました。
我が家のコンテナでも活躍中です。
2枚目は、チューリップ'ワールドピース'
春の夢の島公園も平和です。



30 March 2018
春花壇もりもりな予感

都内の某キャンパス。
昨秋に新しく作った花壇にも、春がやって来ました。
写真のチューリップは、アプリコット・ビューティ
個人的にお気に入りな色のチューリップ。



29 March 2018
咲いた!咲いた!続き

仕事帰りに、ちょっと寄り道して、
お留守の友人宅のお庭を、盗撮しちゃいました。
相変わらずプロな寄せ植えですね!



29 March 2018
咲いた!咲いた!

桜が咲いて、チューリップが咲いて春本番!
2枚目は、ラナンキュラスです。
とはいえ、気温は25度近く、日なたで動くと汗ばむ陽気。
初夏のような天気が続き、チューリップがどんどん咲いちゃう。
春をまだまだゆったり楽しみたいから、
初夏さんゆっくり準備して下さいね!



28 March 2017
春るるるその2

コンテナガーデンの球根ももりもり。
チューリップのつぼみも色付き始めています。



28 March 2017
春るるる

3月になり、どんどん暖かくなり、
春の球根植物はどんどこ咲きます。
春が駆け足でやって来て、桜も咲きました。
写真は、多摩キャンパスの満開な小球根ガーデン。
原種のペチコートスイセン(バルボコジウム)や
ラッパスイセンが花盛りです。
スイセンは球根植物ですが、いつの間にかタネが
飛んで、気がつくとあちらこちらで花が咲き、
年々花壇が広く、華やかになっていっているような。
そんな気がしています。



27 March 2017
お花見しながら庭仕事

桜が満開の下で、庭仕事なんて、
すごく贅沢ですう。吹く風に花びらがちらちらと
舞い降りて、土色の地面をピンクに染めていきます。
写真は、緑色のクリスマスローズ + 原種のプリムラ。
2枚目は、モッコウバラのつぼみ。



19 March 2018
今日出会ったワンダフルな花たち

クリスマスローズ・アーグチフォリウスは、
コルシカ島を中心に自生するヘルボルスの原種。
ぐぐっと茎が立ち上がり、その先にたくさんの花を咲かせ
ます。可憐なクリマロの中でも存在感ばっちりです。
お次は、原種シクラメンのダブル。
こちらも可憐が売りの原種シクラメンですが、
存在感半端ないです。
どちらもお庭に欲しい逸品です。



8 March 2018
雨の日の庭めぐり

冷たい雨の日で、庭仕事はお休みです。ガーデナー仲間と、
高崎クリスマスローズガーデンに行きました。
ガーデンのオーナーの本業は、桃、プラムや梨を販売する
果樹農家さんです。榛名山の麓に広がる里見丘陵にあり、
2009年より、敷地内に2万平方メートルの
クリスマスローズガーデンを始められたそうです。
落葉樹の林にあるガーデンでは、クリスマスローズの他に、
スノードロップや原種シクラメンのコウムが花盛りでした。
早春のみのオープンガーデンです。




28 Feburary 2017
早春を彩る球根たち

小球根ガーデンのミニスイセンが次々と花開き、
華やいできました。1昨年に植えたヒヤシンスも
咲き始めました。写真では寂しいけれど、目には
2〜3分咲きのこのころが何ともやはり美しい!



8 Feburary 2017

まだまだ寒い日が続きますが、
スノードロップの横で、日増しに蕾が少しずつ膨らむ、
クリスマスローズのガーデンハイブリッドです。



30 January 2017
コサージュ

小学校の謝恩会で、教職員の方に送るコサージュを
作ってみました。苦手なアートフラワーではありますが、
いざやってみると、ハマる。そして楽しい!
かなり限られた予算でやらねばならぬのも、
それはそれで楽しい!
とはいえ、同じものをたくさん作るのはさらに苦手!
だから、児童用は無理だなあ。



13 January 2017
スノードロップ

そしてこの時期にガーデンで咲く花といえば、
スノードロップです。真冬に咲く花ですが、
春を告げる花として、親しまれています。
私もたくさんある大好きな花の一つです。


13 January 2017
和子さんのリース

和子さんの自宅兼フラワースクールは、
プチギャラリーのようです。
部屋にリースがいくつも飾られていて、ぱちり!
プリザーブドフラワーのバラと
アートフィシャルのスズランなどを使った
小さめなドアリース。 
プリザもアートも苦手だけど、
和子さんの魔法の手にかかると、まあステキ!


9 January 2017
クリスマスローズ・ニゲル

クリスマスローズの原種の一つ、ニゲルです。
日本では、ヘレボルス属を総称してクリスマスローズと
呼びますが、本来クリスマスローズといえば、この種をさします。
イギリスやドイツの寒さが早く訪れる地域では、クリスマスの頃に
咲くそうです。何もかも枯れてゆく12月半ばに、清楚で優美な
花を咲かせるクリスマスローズって、ホントすごい!


1 January 2018
あけましておめでとうございます!

ムンクの「叫び」は、ムンクが叫んでいるわけでなく、
大いなる自然の叫びに耐えられず、耳をふさいでいるのです。
とはいえ、私たちは自然の声に耳を傾ける庭師でありたいと
思うのです。今年もよろしくお願いします。
Painted by Sara


29 December 2017
冬咲きグラジオラス?

キャンパスのボーダーの片隅で咲いてます。
グラジオラスは、植付けて90〜100日で開花します。
11月上旬のフェスティバルを狙って植えましたが、
天候不順のせいかかなり咲くのが遅れ、だんだん寒くなり、
凍えて固まっているようです。
冬庭の夏の花、なんとも不思議な光景です。


18 December 2017
ナチュラルリース

那須のおっちゃんプロデュース。
自然からの贈りもの感、ハンパないです。
私もいつか、自分の庭から集めたものだけで、
クリスマスリースを作ってみたいですわん。


15 December 2017
夢の島花壇

12月中旬になり、夏秋花壇を彩る草花たちが、
次々役目を終え表舞台から消えさろうとしているのに、
今まだ旬な感じで咲くのは、背の高いタイプのアゲラタム。
お隣りのセンニチコウは枯れています。
12月も中旬頃まで植え替え予定のないコミュニティガーデンには
お勧めの草花です。咲き始めは9月になってからですが、
秋の到来共に花壇の印象が変わる、そんな演出に貢献してくれます。
それでもこの花壇での作業日は今日しかないので、お役目ごめん!
抜かせて頂きました。 そして春花壇に模様替えです。



10 December 2017
我が家もクリスマス

私は大忙しで、自分の家飾りは後回しですが、
今年は、ろば家のさるがプロデュース?!
よくできてきてる?


7 December 2017
ボーダーの植え込み

晩秋の美しいバラに見守られて、
夏秋ボーダーから
春ボーダーへ植え込み作業をしています。



6 December 2017
玄関の上と下

クリスマス準備とお正月準備と
同時進行です。
日本人はクリスマスとお正月をどちらも
お祝いするので、師走は大忙しですね。
ちなみに、私は行事なるものは、
それなりにこなしたい派です。



4 December 2017
冬仕様へ植え替え中

花壇は春に向けて、コンテナは冬仕様に、
続々と植え替え中。 花材は、
1枚目は、シルバーコニファー、フランネルフラワー、
ミニシクラメン、パンジー、アリッサムなど。
2枚目は、アメリカイワナンテン、シクラメン、
チェッカーベリー、アジュガなど。



1 December 2017
黄葉と皇帝ダリア

紅葉前線が南下して、都内でも、
イチョウがきれいに色づきました。
東京には、震災や空襲の火災に負けず生き残った
イチョウの大木が見られます。
イチョウの街路樹のあるキャンパスの傍らで、
爽やかに咲く皇帝ダリア。皇帝ダリアは短日植物で
11月下旬から霜が下りるまで、皇帝の名の如く、
豪快にかつ優雅に咲き誇ります。



30 November 2017
ホリデーシーズン2

明日から12月。今年は次の日曜、
12月3日からアドベントが始まります。
クリスマスアレンジは、トラディショナルに
オーソドックスに、フレッシュなグリーンと
暖っか赤のリボンがいい!と思います。
クリスマスカラーは、赤と緑、
赤は愛を、緑は平和を表すそうです。


25 November 2017
ホリデーシーズン

クリスマスまで1ヶ月。
ショップ前のコンテナは、
ホリデー仕様に、模様替えです。
すでに忙しいガーデナーは、
師走になるとさらに大忙しですが、
わくわくする季節でもあります。
花材は、シルバーコニファー、スキミア、
ガーデンシクラメン、ハボタンなど。



21 November 2017
これも抜けない!

植え替えシーズン進行中です。
遅咲きのフレンチマリーゴールドと、
グラスは秋らしいくこれからな草花です。
インパチェンスも夏過ぎて秋になると、
株が良くなります。



19 November 2017
江東区CIGビジョン

江東区東陽公園の花とみどりのふれあい祭りで、
寄せ植え教室の先生をしました。
昨年より、江東区CIGビジョン推進キャンペーン活動
ー江東区City in the Green 江東区の緑化推進事業ー
のさらなる推進のためのお手伝いをしています。
写真は、公園の一画で行なっていたコミュニティガーデン
活動です。 江東区はマンションに住む人率がかなり高く
(←80%くらい)、そういう意味でも、コミュニティガーデンが
必要だなあと思います。 詳しくは、江東区の緑のボランディア
団体みどりネット KOTO のホームページをご覧下さい。




17 November 2017
抜けない!

植え替えシーズンが始まっています。
でも時々、今が旬な感じで咲いていると、
抜けない時があります!そうこんな時。
ペンタスが抜けない!
ペンタスは暑い夏も元気に育ち、
霜がおりる秋の終わりまで、咲いてくれます。
ピンク系は気温が下がると色が鮮やかになり、
ううん、抜けない!どうしよう?!


08 November 2017
紅葉の季節

紅葉の季節もまた移ろいやすく、
あっという間に過ぎてしまいます。
ふと立ち止まると、メタセコイヤの紅葉がきれい!
身近な木でもうっとりです。
庭仕事途中のコンビニの駐車場にて。
さあ、今日も頑張ろう!


06 November 2017
ツワブキ

ツワブキは秋の終わりを告げる花。
ツワブキが咲くと、
さあ、春花壇の植え替え時期到来だ!
と思います。


01 November 2017
ダイアモンドリリー

花びらが宝石のようにキラキラと輝き、
ウェディングブケーに人気な花です。
ヒガンバナと同じヒガンバナ科ですが、属は違います。
ヒガンバナは、ヒガンバナ属(リコリス属)ですが、
ダイアモンドリリーはネリネ属です。
原産地も違い、ヒガンバナは東アジア生まれですが、
ネリネは、遠く南アフリカ生まれで、寒さにやや弱いです。


27 October 2017
季節外れの庭めぐり2

箱根湿生花園は、
水湿地に生育する植物を集めた植物園です。
12月から2月の冬季は休園です。
冬支度前の夕暮れの庭園は、とても静かです。
仙石原のススキの見ごろを過ぎ秋の深まると、
花が少なくなり、冬になります。
紅葉とは一味違う、これも秋の山の色、
この風景も一見の価値大いにありです。
来年は、花色ある初夏に訪れたいです。



27 October 2017
季節外れの庭めぐり

クレマチスの丘にある クレマチスガーデンに行きました。
クレマチスは、春咲きの他、夏咲きや四季咲きもあるけど、
やっぱり旬は春ですよね。春の庭を想像しつつ、庭歩きです。
クレマチスの丘には、4つのミュージアムがあり
クレマチス・ガーデンは、彫刻庭園美術館の庭園内にあります。
ベルナール・ビュッフェ美術館も、とっても良かったです。
日本を代表する建築家、菊竹清訓さんの建物も素晴らしい!!
ガーデンとアートとどちらも楽しめて、おすすめです。
次回は、アイアンのポールに様々なクレマチスが絡まり咲く、
優美な春の季節に訪れたいです。




24 October 2017
真っ赤な秋

秋のイメージカラーは赤かなあ
写真は、赤いニコチアナと
赤いフレンチマリーゴールド



19 October 2017
秋色コンテナ

温暖化の影響か、気持ちの良い季節である春と秋が短い!
そして不景気なのか、秋の花が少ない!
でもせっかく四季のある日本に暮らしているのだから、
秋を楽しまねば!です。
通りを歩く人がほんのりな秋を感じるような秋色コンテナ。
花材は、キク、アルテナンテラ、アカバセンニチコウ、
トウガラシ、チェッカベリーなど。
大雨の中で植え込みしました。毎日雨ばかり。
この台風が過ぎたら爽やかな秋空が望めるかな。


14 October 2017

江東区木場にあるショッピングモール"深川ギャザリア"の一画に、
ビオガーデンなるものがあります。
ビオガーデンとは、ビオトープの要素を取り入れた庭園をいいます。
ビオトープ"Biotope"はドイツ語で、
ビオ"Bio"は "生命、生き物、"トープ"は "場所" という意味。
関東南部に在来植生するタブノキ林や自然と共生した雑木林を再現、
荒川流域の自然をモデルに、在来種を中心に植栽た庭園で、
地元の人のちょっとしたお散歩コースになっています。




9 October 2017
畑仕事の後に

郁代先生が用意してくれた、ハイビスカスティ。
ハイビスカスとはいえ、みんなが想像する花がキレイな
種類ではなく、同じアオイ科のローゼルと呼ばれる種類で、
花でなく果実(萼)がお茶の原料になります。
その赤い実を英名で "roselle" と呼びます。
シミやそばかすの原因となるメラニン色素を抑え、
美肌効果があるとか。
夏が終わり、秋になると咲き始めるローゼル。
夏の庭仕事で焼けた肌ケアに、たっぷり飲まなくっちゃ!
写真は、畑の脇でもしゃもしゃ育つローゼル。
ルビーレッドなお色も女子好み!



9 October 2017
畑塾・冬篇続き

タネまきから1ヶ月、30度近い気温が続き、
順調にしっかりと育ちました。むしろ育ち過ぎ?
今日から毎晩野菜炒めが続きそう!
でも、コマツナもチンゲンサイも炒めると、
めっちゃボリュームダウンしますよね。
2枚目は、ブルーベリー畑の端で咲く、
"サルビア・レウカンサ" またの名は、
"ベルベットセージ" 暖かそうですう。



3 October 2017
夢の島花壇・秋の補植

夏花壇の植込みの後、真夏日続きの7月でした。
30度超えなかった日はたった5日でした。
梅雨明けで、8月になると雨ばかり、
かなりの日照不足で・・・そんな夏を超えて、
君たち頑張ったね!と褒めてあげたい。
写真1枚目、後方で柔らかに穂を揺らすのは、
"ぺニセタム・パープルファウンテングラス"
ブロンズリーフで、もさもさと育って、インパクト大!
そして、もりもりのジニアとビンカ。
植込み直後の様子は7月のブログを見て下さいね。




2 October 2017
秋の野草

秋めいて、多摩キャンパスでは、
メドーガーデンではコスモスが見ごろ。
シェードガーデンのシュウメイギクが満開です。
漢字で書くと "秋桜" "秋明菊" 何か似てる〜。
どちらも秋の里山に似合う風情がありますが、
日本産まれではありませぬ。コスモスはメキシコの
高原生まれで、明治時代に日本にやって来ました。
シュウメイギクの英名は "Japanese Anemone"
古い時代に中国から渡来し、野生化しました。